お墓を継ぎやすくするためのポイント

以前に記事にした墓地不足のについての注意点に続いて、今回はお墓を求める時に「今後注意しなければならない問題点」をお伝えしていきたいと思います。それは、お墓を購入した後に「継いで貰うための次の世代がいないケース」「亡くなってからお墓を探すケース」です。

お墓を購入する手順はこちら

現在は高齢化問題の介護や見守りに焦点があたりがちだが墓の場合は少し違う問題もあるようです。今のまま少子高齢化が続けば「お墓を継いでもらう子供が途絶えてしまうのでは?」という購入者からの不安だけでなく核家族化で家族交流が希薄化してお墓の話は後回しになりやすい話題となっているようです。

そこでお墓を持った後に後悔しないためにするべき事はどんなことなのか考えてみたいと思います。

若い世代の未婚率の上昇でお墓の継承が不安

お墓の継承不安の問題点である少子高齢化に輪をかけているのが「若い世代の未婚率の上昇」だ。
お墓を継いでくれる若者世代が子供をつくらないのでお墓を建てても継いでくれる子供がいなくなりそうで「墓石を購入するにもためらって」しまうのだ。

先々のことを考えて購入するのがお墓であるのは間違いがない。しかし、購入後のことを考えてしまうと買ってしまって良いか考えてしまう。

姓の違う二世帯で建てるお墓

確かにお墓は全国の平均購入金額を見ても「162万円」とお手軽に買える値段ではありません。子や孫と代々使っていくのであれば心配はないが孫のいない状態では二の足を踏んでしまうのもわかります。

そこで最近では両家墓と言われる「姓の違う二世帯で建てるお墓」が増えてきました。継承する時にトラブルにならないように「同意書」などを用意することもありますが「お墓の継承者が増える」ことで安心して購入することが出来ます。

二世帯で料金をはらえば「162万円」の負担も半分ほどになるので選択肢も増えることになります。今では三世帯で建てられる方もいるようですね。

姓の違う二世帯で1つのお墓建てられるの?

生前に両家がお参りがしやすい場所を探すなどコミュニケーションを取りながら見学してみるのも良いかもしれません。墓地も昔のイメージのような暗い印象から公園墓地として明るくみんなで楽しめる場所へと変わっています。

家族が集まる機会が減っている問題

もう1つは各家族化によって息子や娘が地方から都市部へ移ったことで「家族が集まる機会が減った」ことです。お盆の期間や年末年始くらいしか帰省しないため「お墓の話しまでしていられない状況」があるのです。
霊園の見学風景

そこで問題となってくるのが「亡くなってからお墓を探すケース」です。通常亡くなられた方は四十九日の法要に合わせて埋葬することが多く葬儀だけでも忙しい状態なのにお墓も探さなければならなくなってしまうのです。

このような場合に慌てて購入して後で後悔されることもあります。なぜなら前までは「墓地の分類」である経営主体が違うだけで建てられているお墓はほとんど同じ形状の墓石が多かったのであまり迷うことがなかったからです。

最近では寿陵(生前墓)でお墓を購入される方が増えてきたことで多種多様な霊園も増えて墓地の種類によっては値段も大きく変わってきているからです。

墓地の種類によってメリット・デメリットはあるの?

あまり急いで購入するモノではありませんが、事前に一度見学してみるのも良いかもしれません。おおまかな霊園の立地条件や料金を把握しておけば家族が集まった時にも説明がしやすくお互いに日程の空いた日にでも一緒見学することが出来るかもしれません。

まとめ

少子高齢化にともないお墓の選択肢も増えてきました。ご家族だけでなく人間関係の交流をスムーズにすることで「トラブルなどを解決するための選択肢を多く」しておくとよいでしょう。
なお霊園を見学するときは石材店の指名制度などがありますので事前にお電話などで確認されてから行かれることをおすすめいたします。

もしこの記事がお役に立ちそうだと思っていただけたら下のボタンから共有をお願いします。

霊園・墓地・お墓を地域から値段や条件で比較する

石乃家(いしのや)でご提供しているサービスのご案内!

無料「建墓のしおり」をプレゼント中!

無料「建墓のしおり」

お墓を購入しようと思っているけど、「費用がどれくらい?」かかるか不安になる方や「どんな場所がいいの?」か分からない方が多いと思います。
私ども石乃家(いしのや)では低価格な墓地から大規模な施設が充実した霊園まで幅広くお墓をご案内しております。

  • 神奈川・東京・埼玉でお墓をご紹介
  • お墓の引越し(改葬)のご相談受付中
  • 公営霊園のご相談・申込みサポート
  • 永代供養墓・樹木葬のご相談受付中

お客さまのご希望する霊園やお墓を復数ご案内・ご見学いただくことで「しかっりと納得したお墓選び」をサポートしております。