終活霊園見学会

以前にも「終活」や「墓マイラー(巡礼)」といったお墓に関する新しい言葉につてご説明してきましたが今回は「墓友(はかとも)」についてお伝えしていきます。
ここ2年ほど前から使われ始めた言葉です。お墓の種類でいうと「共同墓」「集合墓地」といった「1つのお墓を共有するタイプ」です。個々の考えでお墓に入りたい方や跡継ぎがいない方の墓地に分類されます。

「墓友」が使われ始めた最初のころは「お墓を一緒に巡る友達」という意味もありましが樹木葬や合葬墓地を選ぶ方が増えてきたことで「お墓に一緒に入る友達」のことも同じ言葉で表すようになったようです。

テレビでも2014年4月5日に「世にも奇妙な物語」で「墓友」が放送されましたが内容は伏せさせて頂きます。

「おひとりさま」の共同墓地とは?

小平霊園 樹林墓地

もともとは共同墓地とは「決められた所に個々の家族墓が建っている場所」という意味でした。今でいう霊園や公園墓地のことです。しかし、時代の変化とともに「1つのお墓に複数遺骨を埋葬する場所」と勘違いしている方もいます。

ここで説明している「おひとりさま」の共同墓地ととは最近作られている「大型の合祀型墓地」で永代供養墓の一種とも言えます。このタイプのお墓は昔から寺院などにもありましたが横浜市営メモリアルグリーンの樹木型墓地や都立小平霊園の樹林墓地など大規模な施設としてつくられてから注目されるようになりました。

都立・公営霊園の申込代行サポート

墓友が選ぶシェア墓地

永代供養墓 シェア墓地

お墓の形式が多様化し始めたばかりで躊躇される人が多い一方で「墓友(はかとも)」といった家族以外の方とお墓に入るお客様は主に樹木葬や合葬墓を個々に求められることが多いようです。

ただ公営霊園の場合は抽選で場所を選べないため民営霊園が取り扱う合葬型のお墓が人気です。

今までは家族代々が一緒のお墓に入るスタイルが一般的でした。しかし、少子高齢化や核家族化にともない「おひとりさまのお墓」が必要になってきました。
最近では「夫と同じ墓に入りたくない」といった理由で樹林墓地や永代供養墓(ロッカー式)を希望される方もいるようです。

一部では「入る場所を共有する」と言う意味をとり「シェア墓地」という言葉まであります。

永代供養の屋内墓・納骨堂一覧

老人ホームでも共用墓地を用意することが

礼拝堂施設

近年では養護老人ホームなどが共同墓を民営霊園で購入することもあります。大きめの区画を購入して希望入居者に提供するサービスとして取り入れているのです。
施設内のコミュニティで他の入居者と一緒に葬儀や埋葬をしてもらえるため安心感が高くなるようです。

昔は高齢者施設ではお墓や葬儀のことは「後ろ向きな考えとなり」あまり良い印象ではなったようですが生前からどんな最後を迎えられるかを考える方が増えてきたことで「終活」の一環と捉えられるようになりました。

まとめ

時代の変化によってお墓に求められるタイプがさまざまになってきました。共同墓地は、樹木葬墓地タイプ・納骨堂タイプ・集合墓タイプなど今までとは違ったスタイルに多様化しています。どんなお墓を購入する場合でも現地しっかり確認することが必要です。

もしこのレポートがお役に立ちそうだと思っていただけたら下のボタンから共有をお願いします。

霊園・墓地・お墓を地域から値段や条件で比較する

石乃家(いしのや)でご提供しているサービスのご案内!

無料「建墓のしおり」をプレゼント中!

無料「建墓のしおり」

お墓を購入しようと思っているけど、「費用がどれくらい?」かかるか不安になる方や「どんな場所がいいの?」か分からない方が多いと思います。
私ども石乃家(いしのや)では低価格な墓地から大規模な施設が充実した霊園まで幅広くお墓をご案内しております。

  • 神奈川・東京・埼玉でお墓をご紹介
  • お墓の引越し(改葬)のご相談受付中
  • 公営霊園のご相談・申込みサポート
  • 永代供養墓・樹木葬のご相談受付中

お客さまのご希望する霊園やお墓を復数ご案内・ご見学いただくことで「しかっりと納得したお墓選び」をサポートしております。